社員旅行で行くハワイの自分流楽しみ方

私の会社の社長が大のハワイ好きで、社員や取引先も含めて数年に一度ハワイに社員旅行に連れて行かれます。自己負担であれば家族も同行できるので、家族連れもいるため最初と最後の夕食以外の日程はほとんど自由行動をとることができます。

 

幸運なことに、いつも同室となる同僚とは、お互い集団行動が苦手だとわかっているので、お互いが干渉することが一切なく、気兼ねすることなく自由にハワイ滞在を楽しむことができます。

 

最初にハワイにきた年の旅行では、先輩後輩とアラモアナを始めアウトレットや海など、色々な所に力が続く限り足を伸ばしましたが、結局日本に帰る前日にはグッタリしてしまいました。それに旅行中に上司や社長と一緒というのも気が抜けなくて疲れてしまいます。買い物も、どうしても買いたいものがあれば買うのですが、ハワイに来たからと行って、ブランド品を買いあさるほどの物欲もわかなくなりました。

 

ハワイに何度か行くようになってからは、そういったありきたりな楽しみ方ではなく、もっと自分なりにハワイという場所を楽しめる方法を探すようになりました。

 

今の私は、人が多い場所ではなく朝の海を楽しんでいます。

 

時差ぼけにも助けられて、どうしても朝早く起きてしまうので、浜辺で朝焼けの中、ヨガをするクラスに参加しています。朝日が昇る瞬間の海はどんな週間よりもとてもキレイだと思います。クラスは英語で行われますが、特に支障もなく、色々な人と知り合うきっかけにもなるので、とても面白いです。人も少なく、波の音に耳を傾けながら、朝日に照らされ、とても神秘的な体験ができます。ハワイはいつ行っても気候がいいので、ヨガのクラスがない日はランニングしたり、海辺で朝食を取るなどして朝の海を楽しんでいます。実はヨットやサーフィンなど早朝に行われるクラスは色々あるので、オススメです。

 

昼間はたまにダイビングをやるくらいで、アクティビティや買い物もそこそこに、少し中心街から離れた海まで足を伸ばして昼寝をしたりしながら過ごしています。

 

後輩や先輩のグループはショッピングや話題のパンケーキのお店などをはしごして楽しんでいるようですが、私はそういう場所に行けば日本人の行列ばかりなので、とても疲れてしまうのです。日本人に対しての扱いも雑です。

 

それよりも少しラグジュアリーな場所やハワイならではの自然を感じられる場所で、ノンビリ過ごすほうが自分には合っているなと思いました。