良い想い出がいっぱいの初めてのハワイ

ハワイに初めて行ったのは今から14年前でした。それまで海外旅行は好きでアジア、アメリカ本土、カナダ、オーストラリアへは何回か行っていましたが、海よりも山の方が好きで、ハワイ=海〜!という感じで、しかも何故か新婚旅行やミーハー達の行くところと思っていて、余り行く気がしませんでした。しかし妻に一度はハワイに行きたいと懇願されて14年前に初めてハワイに行きました。行ってみると海も山もあり、ゆったりとした街の雰囲気も大変気に入ってしまいました。たまたま泊まったホテルがカピオラニパークに近く、部屋からはダイヤモンドヘッドの全景が真正面に見えて大感激!バルコニーで視界いっぱいに広がるダイヤモンドヘッドを眺めながら、ファーストフードの朝食と夕食を優雅?に摂った想い出は今でも忘れられません。
また夕暮れのカピオラニパークでオレンジ色に染まる方向を眺めていると、ガス灯に火が灯り始め、ヤシの木や海岸沿いのベンチ、ベンチに座る人、そしてそこをジョギングしながら通り過ぎる人すべてがシルエットになり、テレビで見ていたワイキキの夕暮れの景色そのものでした。
当時はまだ若くて元気だったため、昼間はトロリーやバスには乗らずにあちこち歩いて回り、ワイキキビーチからダイヤモンドヘッドの頂上までも歩いて往復しました。距離はありましたが、緩やかな坂の両側に建つ広い邸宅を眺めながら歩いていると、ワイキキエリアとは違う普段のハワイを感じ、とても飽きませんでした。ダイヤモンドヘッドの頂上からはワイキキのホテル群やビーチが眼下に望め、幸運にも虹も現れて最高でした。車のナンバープレートに虹がデザインされているのが納得出来ました。
ハワイ島にも日帰りツアーで行きました。キラウエア火山や黒砂海岸、そして溶岩流に飲まれた道路等も観光し、壮大な景色や今でも続いている火山活動に地球の息吹を感じました。
買い物はブランド物に興味が無い私達は、夜になってナイトマーケットに掘り出し物?を探しに繰り出しました。露天が沢山並ぶ狭い通路を歩きながら色々物色していると、クリスタル製?の様なヤシの木の置き物がありました。気に入ってしまい何件かの店を回ると値段がまちまちで、一番安い店で声をかけました。初め40ドルの値札が付いていましたが、交渉すると38ドルと電卓で表示して来ました。首を振ってダメ元で30ドルにしたら、35ドルと返って来ました。首を振って立ち去ったところ、追いかけて来て30ドルでいいとの事。アジアでは良く経験しましたが、ハワイでも通じるとは思わず、とても得した気分でした。しかも緩衝材で包み、段ボールの箱に丁寧入れてくれて恐縮してしまいました。
初めてのハワイは良い想い出ばかりで、今まで「食わず嫌い」だったハワイでしたが、食べてみると美味しい!今ではハワイのリピーターになってしまいました。