子連れのハワイ旅行

親戚の結婚式の為、まだ1歳になったばりの子供をつ連れてハワイ旅行へ行きました。最初はハワイだし、とてもワクワクしていたんです。

 

でも、荷物を用意している段階で厳しいなということに気づきました。

 

まだオムツもしているし、ミルクも飲むし、哺乳瓶の消毒もしたいし、 着替えだって大人の 倍以上必要です。

 

さらに、とてもこだわりの強い子だったので、枕が変わると眠れません。

 

寝かしつけアイテムも必要だし、飛行機で飽きない対策もしなければなりません。

 

スーツケースにはもちろんオムツや着替えを、いれるけれど、機内にもオムツや着替えにミルクに哺乳瓶が必要なんです。

 

結構な荷物です。それでいて、お土産をたくさん買ってくる為に、スーツケースの中は余裕を持っておきたかったのです。

 

自分の着替えや、履き替える靴なんかも持ちたかったのに、そんな場合では、ありませんでした。

 

せっかくハワイに行くのに、自分の楽しみをないがしろに しなければならないのです。

 

行く前からテンションも落ちてしまいました。

 

そして、なんとか用意して出たのですが、やはり機内でらない子供。

 

その為、私も一睡も出来ずにハワイに到着でした。

 

さらに、寝ていないから機嫌の悪い子供。暑いのに、借りたベビーカーは乗りたくないと大騒ぎです。

 

歩いてくれたらいいのに、抱っこ以外受け付けてくれません。

 

常夏の島で、眠たがるホカホカの赤ちゃんを抱っこして歩くのです。

 

全身汗だくでした。すると、暑いからと泣き出す子供。

 

けれど抱っこでなくては怒り出します。ハチャメチャでした。

 

早く部屋に入って、寝かしつけて…と思っていたら、主人が、せっかくみんなで来たんだから、みんなで一緒に買い物しようなんて言い出しました。

 

そして、食事も全て親戚と合同です。

 

子供が泣いていても、「あらあら」というだけで、私がご飯を食べれずに子供の世話に追われていても、誰も助けてくれません。

 

新婚の親戚が羨ましくて仕方ありませんでした。

 

身軽で、ハワイを漫喫しているようでした。

 

私も海水浴やショッピングを楽しみたかったです。

 

せっかく高いお金を払って行ったのに、結局子供のお世話とお土産探しでほとんど時間を費やしてしまいました。

 

結婚式は素敵な式で、良かったのですが、とにかく子供が抱っこ抱っこたったので、どの写真も、私の来ていたドレスが着崩れされています。

 

ブラジャーの肩紐が落ちていたり、髪が崩れていたり、スカートがずれていたり。

 

子連れのハワイはキツいということを学びました。